椎葉のいろ

色とりどりの器たち。
作者は清田政憲さん。「村の人に恩返しをしたい」と、生まれ育った椎葉村へ戻ってきました。元々趣味だった陶芸を椎葉でも続ける為、自宅横に工房「向山窯」を建てたそうです。

作品はすべて、椎葉村の土から出来ています。掘る場所で、出てくる色が違うのだとか。
ここへ来る前に登った、雨でぬかるんだ坂の、私の足を捕まえたあの土はどの色だろう。そんなことを思いながら、見入ってしまいます。
器に風合いを添える釉薬もここで配合して作られています。笑顔で「毎回どんなものができるかわからない」と話す政憲さん。そんなお話を聞いていると、この工房が自然を楽しむ実験室のように思えます。
ある時、偶然出た器の底の色を「椎葉ブルー」と呼んだお客さんがいたそうです。深くて、キラキラつややかな青色。月の光が椎葉ダムに反射すると、水面はこんな色になるのかな・・そんな景色を私は思い浮かべました。

椎葉村には豊かな自然があるだけではありません。自然を活かす知恵があります。そして実践し、伝える人がいます。

Local LAB Shiiba
ライター 起田 千晶 26才

千葉県市川市在住。都内の不動産関係の会社で働いています。
旅行が趣味です。国内で行ってみたい場所と出会ったら、タイミング見つけて出かけています。
九州は、両親の出身地なので特に親しみのある地域です。宮崎県は今回初めて訪れました。
椎葉村で印象に残っているのは、会う人会う人から「椎葉がすき」という思いをじわじわと感じたこと。その魅力、椎葉のみなさんからこれからも教えていただきたいです!

尾田山中の古川さんご夫妻2

小さいお友だち

関連記事

  1. 向山児童館(ムービー)

  2. 「七夕さるく」に椎葉をさるく

    椎葉にまた夏が訪れています。この日は『七夕さるく』。「さるく」とは(歩き回る)という意味の方…

  3. 九大演習林

    十一月のある日、大河内の九州大学宮崎演習林を訪ねました。紅葉の季節はもう過ぎていたけれど、落葉した木…

  4. 移住者の青木さん

    山の斜面を切り開き火を入れて、種を蒔く焼畑や、家の近くに石垣 を積んだ段々…

  5. 本ができました

    ONLY ONE Shiibaの本ができました。世界に一つだけの椎葉を初夏から秋、冬にかけて…

  6. 「食べる」は「作る」

    向山日添(むこうやまひぞえ)標高1000メートルに暮らすお父さんとお母さんを訪ねました。お母…

  7. 裏方さんたち奮闘

    平家まつりのもう一つの景色、それは役場の職員の皆さんをはじめとする裏方さんたちの奮闘ぶり。駐車場整備…

  8. 小さいお友だち

    「こんにちは!」「こんにちはー」「何がおるん?」「イモリーー!」「見…

PAGE TOP