竹灯籠まつり

まだまだ暑い八月の終わり、上椎葉地区にある開発センターで村人手作りのまつりが催されました。10基ほどの竹灯籠が会場を彩り、夜店が並び、ホールでは歌や踊りに大抽選会などの出し物で賑わいます。

こちら野外特設会場のテントの様子です。立派な竹で豪快かつ安定感があり、その日楽しむためだけに設営されたとは思えない贅沢なつくりでした。

ビールに唐揚げフランクフルトと一般的なものから、醤油で味付けしたよもぎ餅、川魚のエノハ、鳥や牛肉、野菜の炭火焼きなどさまざまな料理が並びます。「あくまき」という郷土菓子もありました。私は、川魚のエノハが気に入りました。絶妙な塩加減によって魚の味が引き立ち、食感はふんわり、頭からしっぽまでペロリと美味しくいただき大満足です。

出し物の中で私が注目したのは、「山岳戦隊椎葉レンジャーショー」。椎葉村のご当地ヒーローです。隊員ひとり一人の決めポーズがしっかりスローモーション。完成度が高いことに驚きました。レンジャーが「シイバズーカー」で勢いよく悪者を倒した後に「椎葉の平和は俺たちが守るんだ!」と決めゼリフ!子供も大人も歓声をあげていました。

実は本番前に気になって舞台裏を覗いていました(笑)。すると、村の若者たちが、本当に楽しそうに私服でリハーサルをしていました。聞くところによると実際の生活の中でも祭りの運営をしたり、消防団員であったり、「椎葉の平和を守っている」のは事実なのですね。

Local LAB Shiiba
ライター 椎葉美耶子

岐阜県可児市出身。名古屋市在住。昭和59年生まれ(33歳)。仕事はまちづくりとホームページ制作等です。動画の撮影編集も好きです。まちプロデュースと言う団体で、名古屋市にある桜山商店街を盛り上げる活動を12年続けています。毎年カレー祭りや夏祭りを運営しています。今年は、商店街の街並みを整備する(ソフトからハードを考える)プロジェクトや、地域のよもやま話を冊子にするプロジェクトが進行中です。活動を継続していたら分からないことが多くなり大学院でまちづくりに関することを学んでいます。
父が椎葉村大河内地区出身です。私が小さい時に父がしてくれた寝かしつけのお話は、狐に騙されるとか、中学校からの帰り道後ろから足音がすると思ったら弁当箱の梅干しだったとか、そういうものばかりでした!ありがたいことに父は76歳にして家族の中で一番元気です。多分小さい頃に基礎がしっかりできたんだと思います。そんな父が育った椎葉村の秘宝を探るべく、Local LAB Shiibaを通して椎葉村をもっと知っていきたいと思います!

小さいお友だち

椎葉厳島神社

関連記事

  1. 「食べる」は「作る」

    向山日添(むこうやまひぞえ)標高1000メートルに暮らすお父さんとお母さんを訪ねました。お母…

  2. 山師はCOOL(ムービー)

    山師、尾前慎二さんは脱サラ後に会社を立ち上げ自ら社長として大規模な伐採などを手がける。職人たちの安全…

  3. シシを捌く

    椎葉の冬は猟の季節。夏からの取材で知り合いになった猟師さんたちに同行してその様子を取材しようと計画し…

  4. トムソーヤーの森に(ムービー)

    椎葉 トム・ソーヤーの森にツリーハウス fr…

  5. 移住者の青木さん

    山の斜面を切り開き火を入れて、種を蒔く焼畑や、家の近くに石垣 を積んだ段々…

  6. 牛がつなぐ家族の絆

    椎葉には牛の繁殖農家さんがたくさんいます。椎葉で生まれた子牛はやがて競りにかけられ、全国各地で立…

  7. 濃くておいしい、かせ原プチトマト

    峠を越えると急にひらける集落、かせ原。小高い丘になっていて見晴らしがよく、晴れ晴れとした気持ちの良い…

  8. 石垣の村

    利根川地区は石垣の村。屋敷も田も畑もすべて、山から切り出された石を積んで…

PAGE TOP